日本教育史学会

日本教育史学会は1941年から毎月の例会を開始し、石川謙賞の授与と日本教育史学会紀要の刊行を行う、日本の教育の歴史についての学会です。

日本教育史学会事務局

〒112-8681
東京都文京区目白台2-8-1日本女子大学

家政学部家政経済学科天野研究室気付
TEL 03-5981-3502(代)
【半角文字】ahsej@
ahsej.com

入会方法

入会用書式

 入会用の書類はこちらのワードファイル又はpdfファイルを用いて、日本教育史学会事務局宛にメール送信又はファクシミリ送付をお願いします。なお、図書館などの機関で学会紀要のみを定期購読を行う場合は学会紀要のページに掲載した書式を用いてください。
入会申し込み書のワードファイルはこちらです:入会書類word版へ
入会申し込み書のpdfファイルはこちらです:入会書類pdf版へ

入会資格

 日本教育史学会会則第11条により、会員は「日本教育史研究者」と「日本教育史に関心を有する者」と定められています。
 日本教育史学会には、大学等に所属する研究者のほか、大学院学生や多様な領域の研究者が参加しています。

入会手続き

 入会方法については、日本教育史学会事務局へお問い合わせください。会則第12条では会員1名以上の推薦が必要ですが、紹介者となる会員がいない場合もご相談を受けています。

 日本教育史学会事務局

日本教育史学会事務局
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
日本女子大学 家政学部家政経済学科 天野研究室気付
Tel 03-5981-3502(代)
ahsej@ahsej.com

会費と送付物

 会則第14条により、会員は年会費3500円です。
 会員には、会報として例会案内と論文目録などを含む連絡が、年間5回(予定)、送付されます。また、毎年、
『日本教育史学会紀要』が送付されます。


例会の研究発表や紀要の投稿

 例会での研究発表紀要の投稿には、理事会の推薦などがある特別な場合を除いて、会員であることが必要です。発表や投稿を希望される方はあらかじめ入会をする必要があります。